2014年4月23日水曜日

内側から変わっていこう

いろんなSNSに首を突っ込んで、沢山の方々の思いや意見、感情などを眺めていると時々思う事があるのですが、怒っている人、闘っている人が多い。

そういう人ばかりが目についてしまう私の方に問題があるのかなーとも思うのですが。

確かに、世の中には心が塞ぐ事ばかりが充ち満ちています。
悲惨な事故もあれば呆れた政治家もいますし、今日こうしている間にも動植物は命を奪われている。

そうした事象に囚われすぎて、私自身に起こる出来事も凹む様な事ばかりだったなあと、今、痛感しています。

自分の目の前で起こる出来事は、全て私自身が創造した事なのだな、と気づかされたのは、今までにあれこれと読んだ本の中ででした。
例えば、


この本を読んだ時はもぉ「あっちゃあ・・・・↓↓↓」な気分でした(笑)
書かれた事に対して、異議を唱える人も少なからずいらっしゃるとは思いますが、肯定してしまうと、良い事も自分が原因で起こる訳であって、ならば良い事ばかりを起こしたいと思えます。

でも、ついつい人は思考がネガティブに振れてしまう。
ネガティブ思考の方が、ある意味居心地が良いから。

世間を責め、他人を責めている方が、居心地が良かったりする。
でも、そんな腹立たしい世間も他人も、全て自分が呼び込んだものだとしたら、そりゃ納得が行かないでしょう。
んな訳あるか!!と思ってしまうでしょう。

信じられなければ信じなければいい。
信じてみよう、と思った人だけが、良い未来や思った通りの現実を引き寄せる。

私も信じてみた1人です。

この本も、そんな気持をさらに強めてくれました。


児童向けの文章ですが、大人が読むための本じゃないかと思っちゃいます。
登場人物のサラは、日々嫌な事ばかり考えていて元気がないし、つまんない事ばかりな日々にうんざりしています。
この、サラの様な大人はいたるところにいますね。私自身もサラの様な毎日を送っていました。
そんなサラの前に現れた大きなフクロウ「ソロモン」が、サラに静かに語りかけます。
「君の幸せが他の誰かがやったりやらなかったりすることにかかっている時、君は罠にはまっているんだ。なぜなら、他の人々が考えることや行なうことを、君がコントロールすることはできないからさ。でもね、自分の喜びは他人にかかっているのではないということがわかったら、その時には本当に自由になれるんだ」
自分の幸せは外側の出来事ではなく、自分の内側にある。
その事に、サラは段々と気づいて行き、日々の生活がどんどん楽しくなっていきます。

目の前の出来事に「ああ、いやだ」と思ってしまったら、そう思ってしまった自分を観察してみる。
何故私は「ああ、いやだ」と思ったか。
そして、その「イヤな」出来事の反対側にある、自分が望む事を見つけていく・・・

雨が降ってイヤだな、と思ったら、その裏側には「晴れたら嬉しいな」という願望が潜んでいるように。

「こうなったら嬉しいな」という思考にシフトしていくと、自然に人はポジティブ思考になっていき、そこから願った現実が起こりやすくなって行くようです。

今、自分がどんな感情を抱えているか。
私もそこに注目しました。そして不愉快だなと思う事やガックリ来た時などに、自分は今ムッとしてるな、とか、自分は凹んでるな、という感情に気づき、そこから「私はこうなると嬉しいのよね」「こういう風になると心躍るんだよねー」と言う部分を引き出していくのです。

他人を変えようと思っても、他人は変わりませんね。
変わらないから、イライラする。腹が立つ。
ならば、自分が変わればいい。そんな事出来るかいな?と思っていたけど、案外出来るもんです。
まず、気にしない事にする。
十人十色、色んな人がいるのだから、いちいち気にしない。距離を置いて関わらないようにする。
気に入らない人は、ハリネズミだと思う事にする(笑)
可愛いからと近づき過ぎると痛い目に遭う(笑)
遠くから、生暖かい目で眺めていれば、腹も立たないし痛い思いをしなくて済みます。

世の中には、色んな人や物や出来事と闘っている人がいますが、闘う、というのはネガティブな事象にフォーカスしている事にほかならない。
ならば「平和」にフォーカスして、穏やかに暮らした方が良い。
闘ってばかりいる人は不健康な人が多いように思います。

マザーテレサは、
思考に気をつけなさい、
それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、
それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、
それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、
それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、
それはいつか運命になるから。
という言葉を遺しました。

気をつけたいです。思いや言葉、行動に。

世界中で起こっている戦争や飢餓、環境破壊に病気や貧困は「怒り」が引き起こしている様に思います。
「怒り」ではなく「愛」と「平和」にフォーカス出来たら、無益な戦いに終止符が打たれるでしょうに。

そんな日が来る事を願うには、外側を変える前に、内側を変えていく。
心を「平和」と「愛」で満たしておきたい。日々、ワクワクするような気持でいよう。

なかなか上手に出来ないけれど、常に頭の隅っこにそういう思いの灯火を点けておく。
それが潜在意識にきちんとしみこむように。幸せな運命を呼び込むためにも。

この本もオススメ。


ああ、そうだったのか!って腑に落ちる。
何度も読み返して心を整えたいです。

みんなで、内側から幸せになろう☆