2015年10月16日金曜日

広報運動家で仲介者な私とは。

無料性格診断テストなるサイトを見つけました。
元々、FB友達さんがタイムラインでリンクシェアをされていたので、何となくやってみました。

1度目に出たタイプは、FNEP型「広報運動家」タイプと出ました。

な、なんじゃそりゃ??

以下、サイトより引用-------------
ENFP型の人達は、真の自由な精神の持ち主です。盛り上げ役になることが多いですが、「探検家」とは異なり、その場限りの刺激や喜びそのものよりも、他人との交流や気持ちの繋がりを楽しむことに興味があります。全人口の7%を占めているので、その魅力的で自立心が強く、エネルギッシュで思いやりのある人柄は、どんな集団の中でも確実に見出せます。
社交的で人々を喜ばせる以外にも、ENFP型の人達はその他の全ての近しい「外交官」型の人達同様、直感型(N)の気質があることから、好奇心をもって精力的に場の空気を読むことができます。人生をあらゆるものが繋がり合う大きく複雑なパズルとして見ていますが、そのパズルを一連の体系的な目論見と捉える「分析家」とは異なり、感情や思いやりの心を通して神秘主義的な観点から見つめ、常により深い意味を追求しています。
ホントかなー(笑)
もう一度やってみました。
そしたら、今度は、INFP型「仲介者」タイプ、と出ました。

INFP型気質の人は、真の理想主義者で、極悪人や最悪の出来事の中にさえも、常にわずかな善を見い出し、物事をより良くするための方法を模索しています。落ち着きがあり控えめで、内気にさえも見られますが、内には激情と情熱があり、まさに光を放つ可能性を秘めています。全人口のわずか4%を占めているだけで、残念ながら、誤解されていると感じることが多いかもしれません。しかし、同じ考えを持つ人々を見つけて共に過ごす時、そこで感じる調和が、INFP型にとって、喜びやインスピレーションの泉となるのです。
こうした気質を最大限に発揮することで、他人と親身にやり取りしながら、難なく比喩表現やたとえ話を用い、シンボルを理解し生み出しながら、自分の考えを共有できます。こうした直感的なコミュニケーションスタイルは、創造的な仕事に向いているため、INFP型の有名人の多くが、詩人や作家、俳優であるのも不思議ではありません。自己理解と世の中における自分の立場を重視し、自分の作品の中に自身を投影させることで、こうした思想を探求します。 
へええ・・・

診断しておいてなんですが、
人は100人居れば100通りのタイプがあると思います。

血液型診断などもあり、それによれば私は非常に典型的なO型らしいです。
でも、全ての人々がA、B、O、AB(Rhプラスマイナスを入れたとしても)だけで分類出来るとは思えないし、もしそうだったら世界はとてもつまらないだろうなあ。

とは言え、こうした性格診断は、自身を客観的に見る為の良い機会になると思います。

私はよく、気が強いとか、きつい、怖い、と言われる事があります。
でも、そういう風に私を評する人はネット上だけの交流で、実際に私と会った事が無い人がそんな風に判断しています。
私と会った事が無いのに、何故そんな言い方をなさるのか、とても不思議(笑)
多分、ブログやSNSに書く私の文章から書き手を想像されていると思われ、それはある意味怖いな、と。
リアルな交流がいかに大切かと痛感します。
そして、文章ひとつで想定外のジャンル分けをされている事にも脅威を感じます。

言葉というのは怖いですね。
かつて私も、
とあるFBユーザーさんに、私のFB記事をその方のブログ内で引用され、
「不愉快でむかつく」
と、批判された事がありました。

その方の勘違いによる的外れな批判ではありましたが、かなりショックでした。
一方で、
書く側の意図が読む側にきちんと伝わらないケースもあると言う事を学ぶ事が出来て、良い教訓となりました。

色々な状況に直面すると、ふいに足元が揺らいで来ます。

私は、
私の書く文章は、
一体どんな風に読む人に理解されているんだろうか?キチンと伝わっているんだろうか?

そんな事を考えた時に、
↑の様な性格診断テストは自分自身が気づいていなかった意外な一面を発見するきっかけとなる事もあって、興味深いです。
誤解されやすい面の説明もあり、なるほど~と実感。

とは言っても、これから性格を改めようとかそういう流れには乗りません。
もう、半世紀も、この状態で突っ走って来たのだから、変えようなどとは思いません。

私は私のままでいい。

それでも良ければ、よろしくね。

合わないのなら、さようなら。

ああ、
こういう所が気が強いって言われちゃうのかなあ(笑)

ま、いっか・・・w