2017年2月15日水曜日

裁縫女史!その後。。。

朝ドラで手縫い仕事をするヒロインを見ていたら、

「自分もなにか縫ってみたい」

と思うようになって、
2次元はともかく3次元の制作は幼い頃から「撃沈」だった話は、いつぞや記事にいたしました。
その後どうなったかと言いますと・・・
早速作ったのが、文庫本のブックカバーです↓↓↓



思ったよりも簡単じゃないすか!(調子こいてる)

布の色と柄を合わせるセンスの無さに凹みましたけどね(⌒o⌒;)
文庫本カバーは↑のカバーの他にもう2種類作りました。

でもよく考えてみると、
私って・・・あんまり文庫本て買わないんですよね(´・_・`)
そもそも、小説ってほとんど読まない。
でも、何となく買って読んだら面白かったのがコチラ↓

これは映画化されたら是非とも見に行こうと思いました!

話を裁縫に戻します。

その後、ブックカバーを縫って余った布で巾着袋を縫いました。
あれは簡単でしたね。表布と裏布を合わせて縫って、サテンのリボンを通してキュッと絞れば袋が完成♪

・・・でも、
縫う事が楽しいので、縫い終わった後に何に使うかは決めてないと言う・・・

絵も同じ。
私は描いている過程が楽しいので、描き上がった途端にその作品への興味が薄れる。
それより次の絵の方に心が行ってしまっている。
産みっぱなしで子育てを放棄する野生動物はたまにいるけど、似たようなものかな(笑)

外出にも使えるようなバッグを作ってみようと思い、小さなポシェットを・・・



作ってみたら、ホント小さいwというか、厚みがない。
タブレットとハンカチを入れたらおしまい。
ポイントカード長者(笑)で膨れたお財布が入る余地がないw

肩紐の丁度良いのがなくて、紐を1.2m買って来て金具を取付けボンドで貼り付け・・・

もうちょっと厚みが欲しいな。バッグインバッグがあると便利かな・・・
ってんで、麻混生地と接着キルト芯を買い込んで作ったのが・・・




クマとウサギのゆるいプリント生地がどうかなって感じの(笑)バッグインバッグ。
通院の時に、財布とハンカチ、タブレット、携帯が入ればいいので、ドンピシャサイズ。
外側に2ポケット、内側に3ポケット付き。内側のポケットは青い刺繍糸でランニングステッチとか言うの?それをチクチク縫い。

底布とバイアスの縁を縫うのにちょっと手間取りましたが、まぁこんなもんだなあ。

全て、手縫いです。ミシンは使っていません。
ミシンもあるのですが、出してセッティングするのがメンドクサイ。
手縫いなら、糸と鋏と針があればいいから手軽。時間かかるけど。

それに、手縫い作業をちまちまと続けているうちに、
自分がこういう細かい縫い物が好きなんだと解って来ました。

色鉛筆画でも、芯を尖らせて細かくちまちまと描いていくのが好きな私。
それは手縫いでも同じらしい。
1目が2mm3mmという細かい本返し縫いとか大好き(笑)
並縫いはつまらないので、テキストに出ている「並縫い」の箇所は本返し縫いでちまちま縫う(笑)なので3割増しで丈夫な仕上がりww

そう言えば、私は手編みでも極太毛糸より並太や中細毛糸の方が好きだったりします。
極細のモヘア糸でモチーフを延々と編んでつなげ、ストールを作った事もあります。
(根を詰めすぎて翌日背中に激痛・・・背筋が伸ばせなくなり悶絶)

大ざっぱで細かい事が大嫌いだと思っていたけど、
案外私は細かい「作業」は大好きみたいです。
でも、細かい「性格」は
自分も他人もダメっぽいです(笑)


細かい作業が得意な、大らか(大ざっぱとも言う)な人。
そんな人が好きだし、自分もそうなりたい。

そっか。

そーだったんだ、私。
\(◎o◎)/ナルホド!


今回の裁縫ブームがもたらした意外な気づきでした。

自分の事って、意外に知らないもんです。

そんなに白髪なんて無いと思ったら、
合わせ鏡で後頭部を見て絶句したり、

橋本病に罹患してから大分太ったけど、
まだそれほどじゃないと思ってたら、
・・・それほど・・・だった事に、今頃気づいたり(笑)、

でもまー、それで酷いダメージを食らった訳じゃないし、
前からそうだったのに今気づいたってだけで、
遅いか早いかの違いだなーとか、
色々考えて「ま、いっか」とフタをする(笑)

いや、封印した訳じゃないけどね(笑)
いつかそれはクリアしますよ、いつか、いつか。

そしてまた私は次の手縫い作品を考え始めるのであります。
ちゃんと完成後に使い途があるものを(笑)

0 件のコメント: